2018年5月30日水曜日

付加価値


私は「付加価値(Added value)」という言葉が好きです。

価値を加えたり、生み出したりすることができる存在であること。それが私の人生の目標と言っても過言ではありません。

逆に嫌いなことは、くだらない形式主義とか、単なるシェアを奪い合うだけの意味のない競争。こういった付加価値がない行為に巻き込まれ、時間を無駄にしてしまうと、本当にたちまちやる気がなくなったりします(笑)。

とは言え、このようなことは生きている限り、結構あることでして、時にこの個人的な価値観から形成された性格が災いとなることもしばしばです。よって私の場合、付加価値を生み出すことに焦点を当てるあまり、近視眼的な正義感に縛られたり、行き過ぎた合理主義や効率主義に陥ることになったりしないよう、常に自省しなくてはならないと思っております(苦笑)。

さて個人的な信条はさておき、世の中の安定・発展にとっても、付加価値を生み出すという行為が大変重要なことであるのは言うまでもありません。

最も有名な経済指標GDPは、一年間の付加価値の合計ですし、株式会社に代表される会社の仕組みは、世の中に様々な付加価値を提供することを可能にしております。

そして当然、その付加価値は時代のニーズと共に変化します。

モノが不足して経済的に貧乏な時代は、より安く、より性能の良い製品(モノ)を生産することが代表的な付加価値だったと言えるでしょう。

しかし全体としてモノが溢れ、経済的に豊かになると、従来と違った問題が発生して、それが新しい時代の付加価値となります(その多くはモノの生産ではなく問題解決型サービスの提供)。

バリューマネジメントも同様に、お客様に価値(バリュー)を提供し続ける会社でなければ、いくら規模が大きくなっても意味がないと思っています。

「付加価値を生み出す企業」と「お客様の資産」を結びつける長期ポートフォリオ運用によって、長寿時代を豊かに生きるための経済的基盤をつくり管理する。そのお手伝いをすることが、弊社ならびに弊社ファイナンシャルアドバイザーのミッションです。

また良きファイナンシャルアドバイザーを持つことは、金融資産の形成・管理の範疇を超え、仕事のパフォーマンスや人生そのものに対しても価値を加える効果があるということを、私たちはお客様から教えて頂き、学んできました。

そしてこれから私がやらなければならない課題として、自分自身の付加価値を向上させ続けることも大切なのですが、それに加え、仲間(ファイナンシャル・アドバイザー)を増やして「会社として付加価値の合計を増加させていく仕組み」をつくっていくことが挙げられます。

というわけで当分ゆっくりできる時間はなさそうですが…、「どこまでできるか?」頑張ってみましょうー(笑)。